食品コンサルティング
新製品・新商品開発・マーケティング・ネット活用
小川マーケティング事務所
スポンサーリンク

お知らせ

2017.9.12
食品新商品コラム更新しました
NEW ヒット商品づくりに欠かせない情報操作?
2017.8.9
食品新商品コラム更新しました
iTQi(国際味覚審査機構)を知ってますか?
2017.7.6
食品新商品コラム更新しました
高まる消費者の健康志向
2017.6.21
食品新商品コラム更新しました
マーケティング理論に囚われすぎるリスク
2017.6.14
食品新商品コラム更新しました
ヘビーユーザーを大切に


メールマガジン

メールマガジン配信登録
メールマガジン配信解除


お急ぎ食品新製品・新商品開発

このような時にご利用ください

発売日が迫っていて急いで商品化をしなくてはならない。
新商品の消費者調査で受容性が思わしくなく急いで商品化をやり直したい。
新商品を発売したが売れ行きが思わしくなく早急にリニューアルしたい。

プログラム内容

    新商品の市場状況の確認
    • 市場動向
    • 競合状況
    • 市場における新商品のポジショニング
    新商品の課題の確認
    • 新商品の市場導入の目的
    • 競合と考える他社商品
    • 製品化にあたっての制約条件
    商品コンセプトの再確認または再開発
    • ターゲット
    • 使用場面
    • ベネフィット
    製品アイデアの作成と絞込み
    商品化(ネーミング、パッケージ/ラベル等ラフデザイン、キャッチコピー)
    市場導入企画立案(広報・広告、販売促進策、流通対策など)

作業内容

上記の内容にしたがって、毎週一回4~5時間かけて打合せならびに企業の皆さんと一緒の実作業を行います。
打合せで出た課題は、皆さんと私たちで手分けしてそれぞれ検討し、次回打合せ時に認識合わせをします。

期間と費用

期間も費用も新製品・新商品開発の進行状況によって変わりますが、通常二ケ月、早ければ一ケ月で商品化まで行うことが出来ます。
お問合せをいただいた後に費用的なご要望も含めて詳細な打合せをさせていただき、企画書とともにお見積書を提出させていただきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサーリンク
スポンサーリンク


スポンサーリンク