食品コンサルティング
新製品・新商品開発・マーケティング・ネット活用
小川マーケティング事務所
スポンサーリンク


食品市場に合わせたマーケティングを

人口の減少、高齢化により食品市場全体が伸びることは期待出来ない。

自社商品の売り上げを伸ばすには他社商品、食品市場の他のカテゴリー商品からのブランドスイッチしかありません。

多く売れている商品への安心感からトップブランドが強い

トップブランドへの追随商品はそこそこしか売れませんので、新しい価値、おいしさの開発が大切になります。

商品単価が安いためトライアルユースが起こりやすい。

食品はブランドスイッチが起こりやすい、言い換えれば自社商品のトライアルユースをしてもらえる機会が多くある市場です。

購入頻度が極めて高い。

食品の売上げ、利益はトライアルユースで発生します。
毎週、毎日買ってもらえるための施策が必要です。

「おいしさ」は主観的であり、味覚以外に心が決める場合が多い。

「おいしさ」を期待させる商品化が大切です。
それがトライアル、リピートユースを促進します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加